水商売・風俗嬢はお金借りる時の審査に通るの?

 

水商売・風俗嬢はお金借りる時の審査に通るの?

一般的な話ではありますが、水商売や風俗嬢は金融機関で行われる審査に通りにくいと言われています。

 

でも、満20歳以上で安定した収入があれば、お金を借りることができないわけではありませんので、以下の記事を読んでみてくださいね。

 

 

 

「風俗嬢やキャバクラ嬢がお金を借りにくい?」と言われている、その理由はどんなことかと言えば、以下のようなことが考えられます。

 

人気商売であるので、安定しないと言われているため

「水商売」とは別に「お水」とも呼ばれているように、水もの=安定しない収入を意味していると言われています。(→ウィキペディアの「お水」のページ

 

元々はこの他にも「客商売」と言われる職業全般を指していたようですが、いつしか飲食業や風俗業に限定されていったようです。先の見通しがつかない、人気商売のために収入が不確定という性格が強いため、キャッシング利用の際にも審査では厳しい結果になることも多いというわけです。

 

お金を貸す側としては、毎月安定した収入があり、返済能力のある人を融資の対象に考えています。一般的に従業員の出入りが激しいと思われる水商売に従事する方への融資は、金融会社も二の足を踏んでしまいがちです。

 

 

水商売や風俗嬢がカードローンを利用するには!?

キャバクラ嬢

水商売であるキャバクラ嬢や風俗嬢の方は、稼げている内はサラリーマンやOLの年収を大きく上回ることもあります。それでもいつまでもそのような年収を得られるという保証は全くないのも事実です。

 

それでもキャッシングやカードローンを絶対に利用できない訳ではなく、むしろ収入を証明する書類を提出することで借入れも可能になります。その際に注意したいことを以下に挙げてみますので参考にしてみてくださいね。

 

〈1つの店で長期間働く〉

 

 

水商売・風俗嬢はお金借りる時の審査に通るの?

お金が必要になった時には間に合いませんが、将来的にカードローンなどでお金を借りる可能性がある場合、1つのお店で長期間働いていた方が審査に通りやすくなります。これは審査の際、スコアリングのためにチェックされる「属性」の内容に勤続年数が含まれているため、その長さは重要になってきます。

 

 

〈申込書の記入はお店の名前よりも企業名を〉

 

カードローンやキャッシングでお金を借りる時には必ず申込みが必要になります。その際に記入する申込書の勤務先名には、勤めているお店の名前でない方が良いでしょう。

 

もちろん名前の知られている大手外食チェーン店ならば問題ありませんが、風俗関係のお店の名前の場合、金融サービスの心証に影響して来ます。風俗のお店が法人化している場合は、別に会社名が存在しているはずなので、その会社名を記入すると良いでしょう。

 

勤めている企業名なのですから、虚偽の申告にはなりません。
ただし、その場合は電話番号は直接勤めているお店の番号を記入するようにしましょう。

 

お店とは別の本社などの電話番号を記入すると、在籍確認で「そんな人は知らない」と言われてしまう可能性もあります。またお店に対しても一言、こんな電話が掛かって来るかも知れないということを伝えておきましょう。
在籍確認で会社にバレないようにしたい

 

 

給料の明細書は保管しておく

 

これもまたお金が必要になった時には遅いですが、キャバクラ嬢や風俗嬢は水商売ということで融資を申込んだ時に収入を証明する書類が必要になることも多いです。その時に直ぐに提出ができるように給料に明細書を保管しておくと良いです。

 

また銀行カードローンでは消費者金融とは違い給与明細書では収入証明書として利用できない場合もあり、確定申告書などが必要になることもあります。その為にも事前に確定申告をしておくと良いでしょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このようにひと手間かけておくことで、水商売の風俗嬢の方でもカードローンの審査がスムーズになる可能性もありますので、実践してみてくださいね。もちろん、安定した収入があるのが前提条件です。

 

今すぐお金を借りるなら!